一大変革・・・

 

6月1日をもって、全てのブログ休止とjimdoホームページの休止を敢行した。 それから一ヶ月以上が経過し、自身の生活面でこれまでになかった「一大変革」とも言える大きな変容が成されて来た。 18年に及ぶアセンション路程にあっても、これだけの大変革は異例のことであり、自分自身の勇気ある行動に賞賛せざるを得ないポジティブ思考そのものとなった。

 

これまでに幾度も伝えてきたが、地球人類の共通する喫緊の課題は、目前に如何な現象が現れてこようと、動揺することなく不測なる事態を受け入れ・・・「死」に直面する事態が、巨大地震であったり豪雨であったり洪水、人為的な大戦争などにより起きてくるに違いない。 

つまり、いつ如何なるときも 「死」 を受け入れる覚悟と、死後、肉体を去って進化した星に新生する準備を成し遂げること

これにつきる。

 

もう、霊界も無いし天上界も無いし、あるのは神界だけとなっている。 現在、生きている人たちが死んでいくのであるが、その人

たちが死んで、神界に行けるはずもなく、じゃあ、どこに行くの?  霊界もないですけど・・・

聖者たちも、その重大な事実を人々に伝えることはしない。 知ってか知らずか?

 

私は、いつ死んでもいいように、大幅な軌道修正を行った。 もし、戦争に巻き込まれて、大地震に巻き込まれて死んでしまったら、そのまま、スムースに 次元上昇を果たして、進化した星に新生する為に。

 

私は、たくさんの人たちに その事実を伝えて警鐘を鳴らしてきたが、誰も 耳をかす者はいなかった・・・